車査定

ホンダ プレリュードについて

 

ホンダのプレリュードは、ホンダが以前発売していた乗用車です。いわゆるスポーツクーペであり、デザイン重視の車という感じだったと思います。特に80年代のモデルは、いわゆる「デートカー」として、人気を博していたと思います。リトラクタブルヘッドライトになっており、流線型のとてもかっこいいデザインでした。また、4WSという、今でも珍しい、後輪も曲がるシステムを搭載しており、メカニズム的にもすごい車だったと思います。今見てもこのデザインは好きです。日産のシルビアもかっこよかったですが、自分はプレリュードのほうが好きでした。また、90年代に発売された最終モデルのデザインも自分は個人的に好きです。こういったロングノーズの車自体が、現在は完全になくなってしまったので、とても希少な存在といえるかもしれません。
ホンダといえば、インテグラやシビックのタイプR、アコードのユーロRなど、いろいろなスポーツタイプの車がありましたが、プレリュードは中途半端な存在といえばそうなのかもしれません。しかし、このデザインが自分的にはとても好きな車なのです。これからでも、マニュアルシフトのタイプを、中古で手に入れて乗ってみたいと思っています。